斎藤 博(読み)サイトウ ヒロシ

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 博
サイトウ ヒロシ

大正・昭和期の外交官 駐米大使;ロンドン海軍軍縮会議全権随員。



生年
明治19(1886)年12月24日

没年
昭和14(1939)年2月26日

出生地
新潟県新潟市

学歴〔年〕
東京帝大法科大学〔明治43年〕卒

経歴
明治43年外務省に入り、大使館書記官、総領事として米英に駐在、パリ平和会議、ワシントン、ロンドン両軍縮会議随員などを経て外務省情報部長。英大使館参事官、オランダ公使から昭和8年アメリカ大使に就任。両国共同宣言案の締結に努力したが不発。12年のパネー号撃沈事件では政府の訓令を待たず謝罪放送を行い両国間の危機を救うなど、日米関係調整に努力したが任地で病死した。米政府はその死を悼み巡洋艦アストリア号で遺骨を日本へ護送した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

斎藤 博 (さいとう ひろし)

生年月日:1886年12月24日
大正時代;昭和時代の外交官
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤 博の関連情報