コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訓令 くんれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訓令
くんれい

上級行政機関が下級行政機関の権限行使について指揮するために発する命令 (国家行政組織法 14条2項) 。下級行政機関が法令の規定を解釈,適用し,あるいは実施するにあたっての統一的方針,基準を示すなどの一般抽象的な内容のものと,特定具体的な内容のものとがある。行政機関に対してでなく,公務員個人に対してその公務員の職務について発せられる命令である職務命令は,必ずしも令ではない。訓令が書面の形式で行われる場合には,通達と呼ばれる。訓令は行政規則の一種であり,法規たる性質をもたないのが普通である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くん‐れい【訓令】

[名](スル)上級官庁下級官庁に対して、権限の行使を指揮するために命令を発すること。また、その命令。→通達

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

訓令【くんれい】

上級官庁が下級官庁に対し,その所轄事務について発する命令。訓令は下級官庁を拘束するが,原則として法規たる性質をもたないから一般私人を拘束しない。したがってたとえ下級官庁が訓令に違反しても職務義務違反になるにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くんれい【訓令】

上級行政機関が下級行政機関に対してなす命令または示をいう。訓令が文書によりなされた場合を通達という。国の場合,大臣,委員会,庁の長官が訓令を発することができることは明文で規定されているが(国家行政組織法14条2項),明文規定がなくても,それ以外の上級行政機関も訓令を発することができる。訓令は行政機関相互の行政監督権行使の一形態であり,もっぱら行政機関を拘束するものであって国民を拘束しない。このため訓令は必ずしもその全部が公表されているわけではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くんれい【訓令】

( 名 ) スル
上級官庁が所管の下級官庁に対して事務の方針や権限の行使などの基本に関する命令を発すること。また、その命令。 → 通達

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

訓令
くんれい

上級行政機関が下級行政機関に対してその権限の行使を指図すべく発する命令。根拠規定がある場合(国家行政組織法14条2項)のほか、根拠規定がなくとも行政組織の一体性、階層性の原則上当然に認められている。訓令は、行政組織が複雑膨大となり、かつ行政内容が専門技術化したため、ますます必要となっている。訓令の形式は命令、通達などである。訓令と通達を区別する説もあるが、区別の実益は認められないし、実際上もあまり区別されていない。訓令は行政組織の内部で拘束力をもつ。違法な訓令でも、無効でない限り下級行政庁を拘束するというのが従来の通説である。国民に対しては直接の拘束力は有しないかわりに、訓令に違反した行政行為も当然には違法にならない。なお、職務命令は同じく行政組織内部の命令であるが、上司から部下である公務員個人に対する命令である点で、訓令と異なる。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の訓令の言及

【職務命令】より

…職務命令を発することのできる権限を職務命令権という。職務命令は組織上の地位を与えられている特定または不特定の職員に対する命令である点において組織またはその機関そのものに向けられた訓令や通達とは異なるが,訓令・通達は同時に職務命令の内容をなすことがある。職務命令が有効に発せられるためには,上級者が下級者の職務について指揮監督権を有し,その内容が下級者の職務に関するものであること,憲法および法令に抵触しないことが必要である。…

【通達】より

…国家行政組織法は,大臣等行政機関の長が通達を発しうることを明らかにしているが(14条2項),必ずしもこれらの者にかぎらず,階統的行政組織の上級機関であれば通達を発する権限を有する。上級機関が下級機関の活動を指揮監督するために発する命令を訓令というが,訓令は特別な形態をとることを必要とせず訓令が文書で発せられた場合は通達となる。通達は行政機関に対する命令であり,行政組織上一定の地位を与えられた職員に対する職務命令とは異なるが,通達が有効に発せられるための要件は職務命令と変わらない。…

【ローマ法】より

… 古典期の法形成は,また元首の発する勅法によっても行われた。すなわち,元首は政務官権限保持者として共和政におけると同じく一般的事項につき告示を発したほか,訓令(元首の官吏に対する内務的指示の形をとるが,一般的効力を持ち私人も引用しうる),勅答(官吏・私人より元首に提出された具体的法問題に対する解答で,当該事件のみならず将来にも拘束力を有する),勅裁(元首の面前での審理ののち発せられる裁判の判決)などにより皇帝による法形成が行われた。とくに,裁判における職権審理手続の導入と関連して,従来の市民法,名誉法とは異なる法的保護を開き(厳格な遺贈の形式をふむ必要のない信託遺贈はその代表例),法学や元老院議決によってさらにそれらが展開された。…

※「訓令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

訓令の関連キーワード訓令式ローマ字綴り方訓令式ローマ字綴り水産事項特別調査コンモディアヌス現代かなづかいハーグ陸戦条約事件事務規定部隊行動基準訓令式綴り方ローマ字綴り命令的委任罪とならず井深梶之助嫌疑不十分犯罪人名簿自由タイ神社合祀行政裁量淵辺徳蔵征台の役

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

訓令の関連情報