コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料治熊太 りょうじ くまた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

料治熊太 りょうじ-くまた

1899-1982 大正-昭和時代の古美術研究家。
明治32年7月10日生まれ。博文館編集者のかたわら,内田魯庵(ろあん),会津八一(あいづ-やいち)らと親交をもって古美術を研究し,その収集家として知られる。また昭和5年版画誌「白と黒」,7年「版芸術」を刊行,谷中安規(やすのり)ら版画家たちに発表の場をあたえた。昭和57年2月1日死去。82歳。岡山県出身。関西中学卒。号は朝鳴。著作に「古陶の美」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

料治熊太の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android