コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷中安規 たになかやすのり

3件 の用語解説(谷中安規の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

谷中安規【たになかやすのり】

版画家。奈良県生れ。通称〈アンキ〉とも言われる。豊山中学中退後,永瀬義郎著《版画を作る人》から影響を受ける。1931年日本版画協会の結成に参加。幻想的で,南洋を思わせるエキゾティックなモティーフや,都会の情景を影絵のようにとらえた作品が特色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷中安規 たになか-やすのり

1897-1946 大正-昭和時代前期の版画家。
明治30年1月18日生まれ。東京の豊山中学を中退。永瀬義郎にまなぶ。昭和6年日本版画協会の創立に参加。版画誌「白と黒」「版芸術」同人となり,幻想的な画風の作品を発表。内田百閒(ひゃっけん),佐藤春夫らの作品の挿絵,装丁も手がけた。昭和21年9月9日死去。50歳。奈良県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷中安規
たになかやすのり
(1897―1946)

版画家。明治30年1月18日奈良県に生まれる。東京の護国寺にある豊山(ぶざん)中学校を4年で中退。大正末、詩人日夏耿之介(ひなつこうのすけ)から永瀬義郎(よしろう)に紹介され、その指導下に木版画家を志す。昭和初め日本創作版画協会展に出品ののち、1931年(昭和6)日本版画協会第1回展に『サロメ』連作5点を出品して会員となる。翌年版画誌『白と黒』『版芸術』の同人となり、特異な幻想作風を示した。また内田百(ひゃっけん)、佐藤春夫ほかの文学作品の挿絵、装丁を多く手がけた。昭和21年9月9日栄養失調のため東京で没した。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷中安規の関連キーワード稲毛金七小野重行木原玉汝古賀愛子佐藤正和諏訪兼紀竹内賀久治玉井是博永嶋暢子平川清蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷中安規の関連情報