コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津八一 あいづ やいち

8件 の用語解説(会津八一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

会津八一

歌人・書家・美術史家。新潟県生。号は秋艸道人・渾斎等。早大卒。中学時代から俳句・和歌を作る。奈良の古寺を巡遊し仏教美術への造詣を深め、美術学者としての地歩を築くかたわら作歌を本格化、万葉調の平がな書きによる荘重かつ芳醇な歌風で奈良古寺古仏を詠み、世の評価を得た。歌集に『南京新唱』『鹿鳴集』、歌論・歌話集に『渾斎随筆』等。また書にも独自の境地を開き、書跡集『遊神帖』等がある。文学博士・早大名誉教授。新潟市名誉市民。昭和31年(1956)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あいづ‐やいち〔あひづ‐〕【会津八一】

[1881~1956]美術史学者・歌人・書家。新潟の生まれ。号は秋艸道人(しゅうそうどうじん)・渾斎(こんさい)。早大教授。歌集に「鹿鳴集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

会津八一【あいづやいち】

歌人,書家,美術史家。新潟の人。秋艸(しゅうそう)道人,渾斎と号す。早大英文科卒。奈良の古美術などを主題にした,総ひらがなの万葉調和歌や,独特の書で有名。早大で英文学と東洋美術の講座を担当。
→関連項目新潟県立近代美術館吉野秀雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

会津八一 あいづ-やいち

1881-1956 大正-昭和時代の歌人,美術史家,書家。
明治14年8月1日生まれ。大正13年第1歌集「南京(なんきょう)新唱」を出版。東洋美術史を研究し,昭和6年母校早大の教授。20年郷里新潟にかえり,「寒灯(かんとう)集」などを刊行,26年「会津八一全歌集」で読売文学賞。書は独自の風格をもつ。昭和31年11月21日死去。75歳。号は秋艸(しゅうそう)道人,渾斎。
【格言など】あめつち に われ ひとり ゐて たつ ごとき この さびしさ を きみ は ほほゑむ(「鹿鳴集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あいづやいち【会津八一】

1881‐1956(明治14‐昭和31)
歌人,書家,美術史家。秋艸道人(しゆうそうどうじん),渾斎(こんさい)の号も用いた。新潟市に生まれ,早熟の天才ぶりを発揮し,中学時代すでに新聞俳壇の選者になったり,当時北陸旅行中の尾崎紅葉の話相手をつとめたり,まだ評価の定まっていなかった良寛和尚の芸術をいちはやく認めて正岡子規に知らせたりした。早稲田大学英文科では坪内逍遥の知遇を得,卒業後,早稲田中学の教師を経て,1926年以降,早稲田大学で東洋美術史を講じ,34年《法隆寺法起寺法輪寺建立年代の研究》(1933)で文学博士の学位を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あいづやいち【会津八一】

1881~1956) 歌人・書家・美術史家。新潟県生まれ。号は秋艸しゆうそう道人・渾斎。母校早大で東洋美術史を講じ、かたわら奈良の古寺・古仏を歌った。歌集「南京なんきよう新唱」「鹿鳴集」。論文「法隆寺・法起寺・法輪寺建立年代の研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会津八一
あいづやいち

[生]1881.8.1. 新潟
[没]1956.11.21. 新潟
歌人,書家。別号,秋艸 (しゅうそう) 道人。 1906年早稲田大学英文科卒業。文学博士。 31年早大教授。美術史を講じた。万葉調を近代化した独自の歌風を歌集『鹿鳴集』 (1940) で樹立,人生詩人の評価を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会津八一
あいづやいち
(1881―1956)

歌人、書家、美術史家。明治14年8月1日新潟町(現新潟市)に生まれる。秋艸道人(しゅうそうどうじん)、八朔(はっさく)、渾斎(こんさい)などと号す。1906年(明治39)早稲田(わせだ)大学文学部を卒業、もっぱら坪内逍遙(しょうよう)に師事する。1908年、奈良の古寺を巡遊し、短歌を始める。1910年、新潟県下の有恒(ゆうこう)学舎を辞し早稲田中学に転任、1913年(大正2)早稲田大学英文科講師となる。奈良美術研究のかたわら南都に取材して盛んに短歌をつくる。1924年『南京新唱(なんきょうしんしょう)』を上梓(じょうし)、1931年(昭和6)早稲田大学文学部教授となり、仏教美術史に関する論文をしきりに発表する。1933年「法隆寺・法起寺・法輪寺建立年代の研究」をもって学位を受ける。1940年『鹿鳴集(ろくめいしゅう)』を出版、1942年『渾斎随筆』を刊行、このころから書の個展をしばしば催し、書名ようやく高くなる。1945年1月、早大教授を辞任、4月14日、米軍機の東京爆撃で罹災(りさい)、5月、新潟県中条町(現胎内(たいない)市)に寓居(ぐうきょ)、ついで新潟市に転居。1947年(昭和22)『寒燈(かんとう)集』、1952年『自註(じちゅう)鹿鳴集』、1955年『春日野(かすがの)の歌』などを上梓し、独自の歌風、書格をもって世に知られるようになる。昭和31年11月21日死去。[宮川寅雄]
『『会津八一全集』全12巻(1982・中央公論社) ▽宮川寅雄著『会津八一の世界』(1978・文一総合出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会津八一の関連キーワード今泉雄作ブルクハルト市有詩友私邑秋艸忌大村西崖杞憂道人谷信一秋艸道人

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会津八一の関連情報