コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斡脱 あっだつ

1件 の用語解説(斡脱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あっだつ【斡脱】

モンゴル帝国,元朝時代に活動したイスラム高利貸商人の組合オルタクOrtāgのこと。斡脱はその漢音表記。もとトルキスタン方面で活動していたが,この時代東方に来て,帝室や諸王貴族と結び,その徴税を請け負い,またその資金を借りて隊商貿易や高利貸を営んだ。この高利貸の利息は元金1錠が10年後に1024錠になるというひどさのため,民衆をいちじるしく苦しめた。政府は泉府司を設けてその活動を制限し,のちこの役所を廃止して厳しく取り締まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斡脱の関連キーワードオノン川韃靼モンゴル語モンゴル帝国アフガーニーイスラム帝国汎イスラム主義オゴタイハン国杉山正明本田実信

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone