コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断ずる ダンズル

デジタル大辞泉の解説

だん・ずる【断ずる】

[動サ変][文]だん・ず[サ変]
きっぱりと決める。決定する。「偽物と―・ずる」
裁いて罪を決める。裁断を下す。「罪を―・ずるに私見を交えず」
断ちきる。特に、迷いを断つ。
「種々の煩悩を―・じて仏となることを示す」〈今昔・一・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんずる【断ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 だん・ず
判断を下す。断定する。断じる。 「少年の一挙動は其智愚を-・ずるの測量器と為り/福翁百話 諭吉
理非・善悪をきめる。裁断する。 「法典を諳じて獄を-・ずる法律家/舞姫 鷗外
切る。断つ。特に煩悩や迷いをたち切る。 「永く煩悩を-・じて一切種智を成じ給ふ/今昔 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

断ずるの関連キーワード夫婦別姓可翁仁賀盤根錯節画用紙断じて断じる煩悩四道ずる

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断ずるの関連情報