断魚渓・観音滝県立自然公園(読み)だんぎょけい・かんのんだきけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断魚渓・観音滝県立自然公園
だんぎょけい・かんのんだきけんりつしぜんこうえん

島根県中央部,濁川流域の渓谷を中心とする自然公園。江川水系県立自然公園から断魚渓観音滝地区を分離し,新たに深篠川地区を編入したもの。邑南町石見,江津市桜江に属す。面積 5.09km2。 1984年指定。断魚渓は江川の支流の濁川が石英斑岩を浸食して形成した渓谷で,峡底に露出した千畳敷の節理に沿って,幅1~2mの天然の水路である祝川が流れる。下流の神楽淵には,アユの遡上をもさえぎるという断魚の淵がある。観音滝は鹿賀川上流にある落差約 50mを3段に分かれて落ちる滝で,別名観音寺滝ともいう。水量が豊富で,増水すると落水は中段を越えて一挙に落ち,豪壮な眺めとなる。一帯の深い森林も中国地方屈指のものとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android