コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新アカデメイア しんアカデメイアNeo Akadēmeia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新アカデメイア
しんアカデメイア
Neo Akadēmeia

古アカデメイアが真理の表現として現れた学説の陳述や注釈に専心したのに対し,真理性そのものに関心をもち,おおむね批判的,懐疑的傾向をもつようになったギリシアの一学派。懐疑論を最初にプラトン学派に導入したのは,ソクラテスを継いで学頭となったアルケシラオスである。彼ののち学頭となったカルネアデスもまたストア派の論理学,自然学を反駁し哲学的蓋然論を打立てた。彼を継いで学頭になったクレイトマコスの弟子の一人ラリッサのフィロンは,アテネを出てローマへ逃れ,ここで教師をして大成功を収めたが,以後新アカデメイアは衰退の一途をたどった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新アカデメイアの関連キーワードフィロン(古代ギリシアの哲学者)アウグスティヌス(神学者)アンティオコス新プラトン学派古アカデメイア懐疑派

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android