コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓋然論 がいぜんろんprobabilism

翻訳|probabilism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓋然論
がいぜんろん
probabilism

認識論上の蓋然論は,真もしくは偽であるとの絶対確実な認識には達しえず,すべての判断はなにがしかの蓋然性をもつとする緩和された懐疑論カルネアデスキケロモンテーニュ,ヒュームらの立場。また特に道徳論では,行為の選択にあたりそれを可とする根拠があれば,ある行為をなしうるとする。体系としては 16世紀のバルトロメウスが提出したが,確定しえない諸要素をはらんだ実践という場面では,蓋然論が有力となる傾向をもっている。仮の道徳を立てたデカルトの態度もそれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がいぜんろん【蓋然論】

〘哲〙 絶対確実な知識はありえないから、蓋然的な命題で満足しなければならないとする見解。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蓋然論の関連キーワードプロバビリオリズム新アカデメイアライヘンバハリゴリズムリグオーリクールノ知識見解命題

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android