蓋然論(読み)がいぜんろん(英語表記)probabilism

翻訳|probabilism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓋然論
がいぜんろん
probabilism

認識論上の蓋然論は,真もしくは偽であるとの絶対確実な認識には達しえず,すべての判断はなにがしかの蓋然性をもつとする緩和された懐疑論カルネアデスキケロモンテーニュ,ヒュームらの立場。また特に道徳論では,行為の選択にあたりそれを可とする根拠があれば,ある行為をなしうるとする。体系としては 16世紀のバルトロメウスが提出したが,確定しえない諸要素をはらんだ実践という場面では,蓋然論が有力となる傾向をもっている。仮の道徳を立てたデカルトの態度もそれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がいぜんろん【蓋然論】

〘哲〙 絶対確実な知識はありえないから、蓋然的な命題で満足しなければならないとする見解。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がいぜん‐ろん【蓋然論】

〘名〙 人間の知識は絶対的な確実性に到達できないから、十分な確からしさをもった知識で満足すべきであるとする立場。懐疑論の一種で、古代の新アカデミー派、近代ではパースプラグマティズムがこれに属する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android