コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井光風 あらい こうふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井光風 あらい-こうふう

1937- 昭和後期-平成時代の書家。
昭和12年3月10日生まれ。西川寧(やすし)にまなぶ。昭和41年「山居早起」で新日展初入選。平成7年大東文化大教授,12年同大書道研究所所長。読売書法会の常任理事。13年から全日本書道連盟副理事長。殷周時代の金文や戦国・秦時代の古代文字を素材にした作品がおおい。16年「明且鮮(めいかつせん)」で芸術院恩賜賞。東京出身。専修大付属高卒。本名は儀平。作品はほかに「九穀斯豊」「盛稲梁」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新井光風の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新井光風の関連情報