新井洞巌(読み)あらい どうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井洞巌 あらい-どうがん

1866-1948 明治-昭和時代前期の日本画家。
慶応2年4月10日生まれ。長井雲坪(うんぺい),菅原白竜,高森砕巌南画をまなぶ。明治29年から18年間,日本各地をはじめ中国の洞庭湖などを旅した。吉川英治に最後の南画人と評された。昭和23年5月2日死去。83歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。本名は信吉。著作に「南画の描き方」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android