コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井雲坪 ながい うんぺい

美術人名辞典の解説

長井雲坪

日本画家。越後生。初号は桂山、別号に王蘭堂・蘭華山人・飄々子等。鉄翁祖門木下逸雲に師事、さらに中国に遊び、徐雨亭、王道子、陸応祥と交遊する。のち信州に留り戸隠山中に画室を設け、信州南画の第一人者として活躍。山水花鳥を能くし、殊に猿の画に妙を得た。明治32年(1899)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながい‐うんぺい〔ながゐ‐〕【長井雲坪】

[1833~1899]江戸末期・明治の文人画家。越後の生まれ。名は元。通称、元次郎。水墨山水画にすぐれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井雲坪 ながい-うんぺい

1833-1899 江戸後期-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)4年2月2日生まれ。鉄翁祖門(てっとう-そもん),木下逸雲(いつうん)に師事し,慶応3年清(しん)(中国)にわたる。翌年帰国,各地を遍歴ののち長野戸隠山に隠棲し,晩年は善光寺付近にすんだ。清貧を旨とし,蘭をこのんでえがいた。明治32年6月29日死去。67歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は元。字(あざな)は仲斎。通称は元次郎。別号に桂山,瑞岩など。作品に「山猿採果」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ながいうんぺい【長井雲坪】

1833~1899) 南画家。越後の人。長崎に遊学、のち清国に渡る。晩年、信州に隠棲。作「山猿採果」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報