コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井雲坪 ながい うんぺい

4件 の用語解説(長井雲坪の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長井雲坪

日本画家。越後生。初号は桂山、別号に王蘭堂・蘭華山人・飄々子等。鉄翁祖門木下逸雲に師事、さらに中国に遊び、徐雨亭、王道子、陸応祥と交遊する。のち信州に留り戸隠山中に画室を設け、信州南画の第一人者として活躍。山水花鳥を能くし、殊に猿の画に妙を得た。明治32年(1899)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながい‐うんぺい〔ながゐ‐〕【長井雲坪】

[1833~1899]江戸末期・明治の文人画家。越後の生まれ。名は元。通称、元次郎。水墨山水画にすぐれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井雲坪 ながい-うんぺい

1833-1899 江戸後期-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)4年2月2日生まれ。鉄翁祖門(てっとう-そもん),木下逸雲(いつうん)に師事し,慶応3年清(しん)(中国)にわたる。翌年帰国,各地を遍歴ののち長野戸隠山に隠棲し,晩年は善光寺付近にすんだ。清貧を旨とし,蘭をこのんでえがいた。明治32年6月29日死去。67歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は元。字(あざな)は仲斎。通称は元次郎。別号に桂山,瑞岩など。作品に「山猿採果」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ながいうんぺい【長井雲坪】

1833~1899) 南画家。越後の人。長崎に遊学、のち清国に渡る。晩年、信州に隠棲。作「山猿採果」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長井雲坪の関連キーワード佐々木古信安斎教子喜之介昇斎一景椎陰関直吉中村理禎星の屋輝雄本郷庵切通渡辺章綱

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone