コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高森砕巌 たかもり さいがん

2件 の用語解説(高森砕巌の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高森砕巌

日本画家。千葉県生。名は敏、字は子訥、通称は有造、別号は自知斎・菊梁・朶香。画を山本琴谷に学び、山水・花卉を得意とする。また儒学を服部蘭台に学び、明治初めに東京の根岸に学塾を開いた。大正6年(1917)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高森砕巌 たかもり-さいがん

1847-1917 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)4年10月1日生まれ。江戸にでて服部蘭台に儒学を,山本琴谷に文人画をまなぶ。山水,花鳥を得意とした。作品に「五百羅漢図」などがある。大正6年10月25日死去。71歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。名は敏。字(あざな)は子訥。通称は有造。別号に自知斎,七松,射谷,菊梁など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高森砕巌の関連キーワード小坂芝田石坂音四郎歌川広重(4代)黒野義文柴豊彦庄田耕峰川柳(11代)弾琴緒津山(5代)山中吉郎兵衛

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone