コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原白竜 すがわら はくりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原白竜 すがわら-はくりゅう

1833-1898 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)4年11月13日生まれ。文人画家熊坂適山らにまなぶ。明治2年上京して奥原晴湖らの知遇をえる。各地を旅して山水画を得意とした。明治31年5月24日死去。66歳。出羽(でわ)置賜郡(山形県)出身。本名は道雄,のち元道。別号に日橋隠士。作品に「風雨山水」「渓山急雨」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菅原白竜

没年:明治31.5.24(1898)
生年:天保4.11.13(1833.12.23)
明治期の南画家。出羽国時庭村(山形県西置賜郡)に神官の子として生まれる。本名道雄のち元道。福島の熊坂適山のもとに通って南画と中国古蹟を学ぶ。また父道栄に国学,上杉家の儒者山田蠖堂に漢籍を学び,30歳すぎごろから生家の白竜山梵林院にちなんで白竜と号した。維新後しばしば上京して奥原晴湖ら文人墨客と交わり,明治17(1884)年東洋絵画会結成に参加,21年からその機関誌『絵画叢誌』の編集に当たる。南画に四条派や諸派を折衷した山水画を描いたが,明治6年の席上揮毫の際,安田老山がこれを和臭ありと難じたことはよく知られている。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

菅原白竜の関連キーワード新井 洞巌寺崎広業新井洞巌明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android