新京(読み)しんきょう

大辞林 第三版の解説

しんきょう【新京】

新しい都。新都。

しんきょう【新京】

1932年から日中戦争の終わりまで、満州国の首都であった長春ちようしゆんの呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新京
しんきょう / シンチン

中国、吉林(きつりん/チーリン)省の省都長春(ちょうしゅん/チャンチュン)の「満州国」時代の呼称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新京の言及

【吉林[省]】より

…日露戦争後,長春以南の鉄道は日本が利権を獲得し,第1次世界大戦の機会に乗じて,吉長,吉会,四洮,吉海線などの鉄道の敷設権を得た。また省内各地の鉱物の採掘権や森林の伐採権も獲得し,さらに1931年九・一八事件(満州事変)以後,日本がつくった傀儡(かいらい)政権である満州国の首都は長春におかれ,新京と改名され,本省は日本の植民地的存在と化した。省内各地では日本資本による略奪的な鉱物採掘や森林伐採が進み,松花江の豊満ダムの建設にも着手し,資源の日本への輸送と対ソ作戦を目ざした鉄道建設が推進された。…

【長春】より

…京哈線(北京~ハルビン)と長図線(長春~図們),長白線(長春~白城市)の分岐点にあたる。清末,漢族移住者が増加したため1800年(嘉慶5),現在の市の南郊にあたる長春堡に長春庁を置いたが,25年(道光5),寛城子(現在の長春市)に治所を移したのが始まりで,88年(光緒14)には長春府に昇格,1913年県となり,32年日本の傀儡(かいらい)政権の〈満州国〉誕生に伴い,その〈首都〉として新京と名づけられ,市制を敷いた。これより先1906年日露戦争後,日本が南満州鉄道(満鉄)経営に乗り出した結果,長春は日露の鉄道権益の境界となり,08年日本はここに満鉄付属地を設け,また10年旧市街との間に商埠地を開いた。…

※「新京」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新京の関連情報