続古事談(読み)ぞくこじだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉時代の説話集。6巻 (1巻欠) 。著者不詳。建保7 (1219) 年成立。『古事談』にならい,王道后宮以下の項目を設け,『台記』『今鏡』などに取材した貴族社会を主体とした説話を収めている。第6巻の漢朝編は,中国の著名な故事,説話を集めており,本書特色をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

鎌倉時代の説話集。6巻。作者未詳。建保7年(1219)の成立とされる。「古事談」をまね、史話・故事・伝説などを仮名文で記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

鎌倉前期の説話集。編者未詳。1219年(承久1)成立。6巻。ただし,巻三を欠く。説話を分類収録し,その形態は中国の類書に似る。分類項目は,〈王道后宮〉〈臣節〉〈神社〉〈仏寺〉〈諸道〉〈漢朝〉が現存。散逸した巻三は〈臣節〉と〈神社〉との間に位置し,〈僧行〉〈勇士〉であったと推測される。分類項目は《古事談》を継承するが,〈漢朝〉をたてているのが大きな特色である。跋(ばつ)に〈フルキ人ノサマザマノ物語ヲ,オノヅカラ廃忘(はいもう)ニソナヘンガタメニ,カキアツメ侍リシ〉とあるように,先人の事跡を記録して後代に伝えることを目的としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉初期の説話集。六巻(ただし現存諸本は第三巻を欠く)。現存本の収載説話は、王朝時代の天皇・貴族の逸事を中心に、中国説話も含む185話。編者不明であるが、内容に帝王のあるべき道を示そうとする意識が認められ、承久(じょうきゅう)の乱を前にした後鳥羽(ごとば)院への諫言(かんげん)の書という説もある。跋文(ばつぶん)には、建保(けんぽう)7年(1219)4月23日、草庵(そうあん)の中で完成したことが記される。巻構成は、巻六の漢朝部を除き、書名どおり『古事談』にほぼ準じる。しかしながら、文体は和文であり、説話の性格にも相当の違いがある。本書の説話には儒教的教訓性が強い。学才称揚の姿勢、および尚古思想、末代意識も顕著である。出典には『古事談』『中外抄(ちゅうがいしょう)』『富家語(ふけご)』『中右記(ちゅうゆうき)』『長秋記』などが認められる。

[木下資一]

『神戸説話研究会編『続古事談注解』(1994・和泉書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

鎌倉前期の説話集。六巻(第三巻欠)。編者未詳。建保七年(一二一九)成立。源顕兼の「古事談」を模したもので、王道后宮・臣節・神社仏寺・諸道・漢朝の各編に分け、約一六〇話を収める。「長秋記」「中右記」「中外抄」などを典拠とし、史話・故事伝説などを和文脈の強い仮名文で記録したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android