コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新保西水 しんぽ せいすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新保西水 しんぽ-せいすい

1832-1893 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)3年生まれ。江戸で大槻磐渓(おおつき-ばんけい)にまなぶ。越後(えちご)(新潟県)に帰郷後,弥彦(やひこ)神社の祠官新保氏をつぎ,子弟教育にあたる。明治2年越後三根山藩の教授兼侍読となり,14年から新潟師範でおしえた。明治26年10月19日死去。62歳。本姓は朝妻。名は正与(まさとも)。字(あざな)は靖爾。通称は清次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新保西水の関連キーワードハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド日本の医学史(年表)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団総合年表(アフリカ)黒田清輝ウィグモア

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android