コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新安保懇 シンアンポコン

デジタル大辞泉の解説

しん‐あんぽ‐こん【新安保懇】

《「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」の略称。「新安防懇」とも》日本の安全保障・防衛力のあり方について幅広い視点から総合的に検討するため、民主党政権下で平成22年(2010)に設置された首相の私的諮問機関防衛大綱改定に向けて、周辺諸国の軍事力近代化、日米同盟の深化、国連平和活動テロ対策への対応などの課題について議論を行い、平成22年(2010)8月、受動的な平和国家から能動的な平和創造国家への成長を提唱する報告書を提出した。→安保懇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

新安保懇の関連キーワード安保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android