防衛大綱(読み)ボウエイタイコウ

デジタル大辞泉の解説

ぼうえい‐たいこう〔バウヱイタイカウ〕【防衛大綱】

《「防衛計画の大綱」の略称》日本の防衛力のあり方、具体的な整備目標などについての基本方針。内閣の安全保障会議などの検討を経て閣議で決定する。第1次大綱は昭和51年(1976)に決定、平成7年(1995)に見直し。その後の国際情勢の変化により平成16年(2004)に改定。従来の専守防衛に、大規模な災害等各種の事態への対応、より安定した安全保障環境の構築が加わった。平成22年(2010)の改定では、中国の海洋進出や国際テロなどの事態に機動的に対応できる動的防衛力構築の方針が示された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防衛大綱の関連情報