コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新安遺物 しんあんいぶつ Sinan‐yumul

1件 の用語解説(新安遺物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんあんいぶつ【新安遺物 Sinan‐yumul】

韓国,全羅南道新安郡智島面防築里に属する道徳島沖の水深約20mの海底で発見された,沈没船ならびに発見遺物をさす。1976年10月から84年夏まで10次にわたって調査と船体の引揚げが実施された。これまでに発見された遺物は,陶磁器がもっとも多く,1万数千点を数える。その他,金属製品504点以上,石製品22点余り,木製品,植物資料など466点以上と,多種多量に上る。遺物は,元代初期(14世紀前半)の中国製品が大部分を占めるが,高麗青磁古瀬戸をはじめとする,朝鮮・日本製品もごく少量含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新安遺物の関連キーワード慶尚南道全羅南道全羅北道光州事件巨文島光州新安値木浦和順順天

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone