コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新書ブーム しんしょぶーむ

1件 の用語解説(新書ブームの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

新書ブーム

新書(本)の特徴は、単行本よりコンパクトな判型(B40判)、ソフトカバー、廉価。草分け岩波新書(1938年創刊)で、一般向けの書き下ろし教養書として定着。2005年の新書市場は、ノベルズ(小説)を除く、ノンフィクション部門は約30シリーズで、養老孟司『バカの壁』(新潮新書、05年末の累計400万部超)、樋口裕一『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書、同213万部)、山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社新書、同120万部)、とミリオンセラーが続出。06年も藤原正彦『国家の品格』(新潮新書、05年11月から06年5月までに累計200万部超)とベストセラー続出で参入出版社も相次ぎ、朝日新聞社も06年秋に朝日新書を創刊。ただし「出版指標・年報」によると05年の新書新刊点数は1434点(前年比34点減)、1点平均9200部発行(同300冊減)。実際は、過当競争で生産抑制傾向にあり、当事者も「新書ブームはウソ。文庫と比べるとかなり小さなマーケット」(新潮新書メールマガジン72号)と新規参入を牽制する。

(村上信明 出版流通ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新書ブームの関連キーワードコンパクトHTMLコンパクトコンパクトカメラコンパクトカー単行本アドインパクトコンパクトデジタルカメラサブコンパクトカーデフレインパクトコンパクトキッチン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新書ブームの関連情報