コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養老孟司 ようろう たけし

2件 の用語解説(養老孟司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

養老孟司 ようろう-たけし

1937- 昭和後期-平成時代の解剖学者。
昭和12年11月11日生まれ。東大教授をへて,平成8年北里大教授。解剖学を土台に宗教,文学,文化論など,ひろく評論活動をおこなう。神奈川県出身。東大卒。著作に「ヒトの見方」「脳の中の過程」「唯脳論」「バカの壁」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

養老孟司
ようろうたけし
(1937― )

解剖学者。神奈川県鎌倉生まれ。幼少のころより甲虫採集を愛し、大学では昆虫の研究を望んだが、結局医学部に進学。1956年(昭和31)東京大学医学部入学、1962年卒業後同大学院に進み、解剖学を専攻した。同大学助教授を経て、1981年より同教授となる。このころより旺盛(おうせい)な執筆活動をスタート。東大時代の養老のスタンスは、まったく二つの時期に分かれた。前期は、顕微鏡の前に座り、解剖と観察にいそしむ「科学者」としての生活を送っていたが、ある時期から「人が変わった」といわれるほどに原稿を書く時間が多くなる。そのような変化は、当然思考のスタイルや表現される文章にも表れ、以後、それが科学なのか、哲学なのか文学なのか、そのジャンルわけを云々(うんぬん)するのが無意味に思われるほどに、独自のものとなっていった。
 養老の世界を語るキーワードは、「脳」そして「身体」である。ふつう、どちらもヒトにかかわるもので、似たものと考えられがちだが、養老はこの二つのキーワードを対立する正反対のものと考えた。たしかに脳も、身体の一部であるが、ここでいう脳とはとくにその機能をさす。都市や人工物といった現代社会にあるものを、養老は「脳の産物」ととらえた。一方身体は、それら人工物と対極の世界にある、「都市に残された最後の自然」と考えた。これら脳と身体の対立は、心身二元論と解釈されかねないが、それが「脳」であって「心」でないところに、二元論を超える何かがあるといえる。つまり脳は、身体の対立物であると同時に、身体の一部でもあるからだ。これらの主張は『唯脳論』(1990)、『カミとヒトの解剖学』(1992)などで展開された。
 養老の語り口は、科学のみならず現代社会そのものを小気味よく明快に斬(き)るもので、医学以外の多くのジャンルにも影響を及ぼすことになる。養老は「諸学の学」といういい方をするが、クラシックとも時代遅れともいわれた解剖学をベースに、まったく新しい現代の知を展開することに成功した。
 2003年に発行された著書『バカの壁』は大ベストセラーとなり、翌2004年には新書の最多部数記録を塗り替えた。さらに著書『人間科学』(2002)などにおいて展開された「情報」論、つまり「情報とは、世界を止めたものである」などという観点からの主張は、それまでの情報論に比べ斬新(ざんしん)であった。
 養老の世界はその多くが脳をめぐるものであった。脳科学が明らかにした以上に、脳というものの本質に迫った養老の知的営為は、それが脳という生物に普遍なものであるだけに、時代や流行をこえて「生き」続けるだろう。1995年(平成7)に東京大学を退官後、1996~2003年北里大学大学院教授を務めた。[布施英利]
『『人間科学』(2002・筑摩書房) ▽『ヒトの見方』(ちくま文庫) ▽『唯脳論』『カミとヒトの解剖学』(ちくま学芸文庫) ▽『バカの壁』(新潮新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養老孟司の関連キーワード小川鼎三佐野豊辻隆中井準之助新見嘉兵衛浜清藤田恒太郎布施現之助細川宏森於菟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

養老孟司の関連情報