コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新橋色 しんばしいろ

3件 の用語解説(新橋色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

しんばしいろ【新橋色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るいみの」としている。一般に、わずかに緑みがかかった薄い青色のこと。明治末から大正にかけて、東京の新橋芸者の間で流行したことから、この名がついた。新興花柳界ということもあって新しいものが好まれ、当時としては珍しかった化学染料を使った染色の色である。近くの金春こんぱる新道に置屋があったため、金春色とも呼ばれた。東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」各駅には駅文様が定められており、新橋駅の文様は「柳縞やなぎじま」で、色は新橋色が使われている。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんばしいろ【新橋色】

染め色の名。青みがかった薄緑色。明治末から大正期に新橋の芸者から流行した色。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

新橋色の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新橋色の関連情報