コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新橋色 しんばしいろ

色名がわかる辞典の解説

しんばしいろ【新橋色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るいみの」としている。一般に、わずかに緑みがかかった薄い青色のこと。明治末から大正にかけて、東京の新橋芸者の間で流行したことから、この名がついた。新興花柳界ということもあって新しいものが好まれ、当時としては珍しかった化学染料を使った染色の色である。近くの金春こんぱる新道に置屋があったため、金春色とも呼ばれた。東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」各駅には駅文様が定められており、新橋駅の文様は「柳縞やなぎじま」で、色は新橋色が使われている。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんばし‐いろ【新橋色】

やや緑がかった、くすんだ青。明治末から大正時代にかけて、東京新橋芸者に好まれたことからの名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんばしいろ【新橋色】

染め色の名。青みがかった薄緑色。明治末から大正期に新橋の芸者から流行した色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新橋色の関連キーワード東京臨海新交通臨海線色名置屋

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新橋色の関連情報