コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新沢遺跡 しんざわいせき

1件 の用語解説(新沢遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんざわいせき【新沢遺跡】

奈良県橿原(かしはら)市川西町東常門(旧,高市郡新沢村)にある弥生時代の遺跡。奈良盆地の南部で,畝傍(うねび)山の南西方一帯にある標高150mほどの越智岡丘陵西方の低地に埋没していた。この丘陵上の北西部には,金製耳飾やガラス碗を出土して有名になった新沢千塚古墳群があり(千塚),丘陵西麓の弥生遺跡は字名をとって新沢一(しんざわかず)遺跡と一般に呼んでいる。遺跡は,北流する曾我川と右岸の千塚山との間の扇状地にあるが,過去の発掘調査では,小竪穴や溝以外に顕著な遺構は確認されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新沢遺跡の関連キーワード畝傍橿原市橿原神宮奈良県立医科大学延寿祭橿原橿原宮埴安の池天香山畝傍橿原宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone