新演芸(読み)しんえんげい

世界大百科事典 第2版の解説

しんえんげい【新演芸】

演劇雑誌。1916年(大正5)3月創刊。25年4月廃刊。歌舞伎中心の《演芸画報》に対抗し,より高級で広い視野の演劇誌を目ざして編集。主筆岡村柿紅,編集主任安部豊。毎月東西各座の舞台写真,商業演劇の紹介,研究,評論のほか,新劇などの記事も積極的に取り上げた。伊原青々園,小山内薫,岡本綺堂,三宅周太郎など当時の大家,新進の演劇人による合評会も評判を得た。【権藤 芳一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android