新潟油田(読み)にいがたゆでん

百科事典マイペディアの解説

新潟油田【にいがたゆでん】

越後平野を中心とする日本有数の油田。明治初年の新津油田開発に始まり,次いで西山油田東山油田が開発され,第2次大戦後には見附油田頸城(くびき)油・ガス田南阿賀油田などが開発された。しかし西山,東山の老朽化で産出量は減り,比較的生産高の多かった阿賀沖油田も,1998年閉削が決まった。現在は1990年に生産を開始した岩船沖油田が年産32万kl程度産出している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android