コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南阿賀油田 みなみあがゆでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南阿賀油田
みなみあがゆでん

帝国石油が 1964年新潟県新潟市南東 12kmに発見した油田阿賀野市から阿賀野川を隔てて新潟市の横越に広がる。油層新第三紀層の砂岩凝灰岩からなり,深度 1980~2250m。1970年代前半頃までは日本最大の生産量を誇っていたが,1980年頃から原油,ガスともに生産が漸減している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android