コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南阿賀油田 みなみあがゆでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南阿賀油田
みなみあがゆでん

帝国石油が 1964年新潟県新潟市南東 12kmに発見した油田阿賀野市から阿賀野川を隔てて新潟市の横越に広がる。油層新第三紀層の砂岩凝灰岩からなり,深度 1980~2250m。1970年代前半頃までは日本最大の生産量を誇っていたが,1980年頃から原油,ガスともに生産が漸減している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

南阿賀油田

新潟県新潟市にある油田。1964年発見。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

南阿賀油田の関連キーワード新潟県新潟市阿賀野(市)帝国石油新潟油田京ヶ瀬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android