コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越後平野 エチゴヘイヤ

7件 の用語解説(越後平野の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えちご‐へいや〔ヱチゴ‐〕【越後平野】

新潟平野の別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

越後平野【えちごへいや】

新潟県中〜北部の日本海に面する平野。新潟平野ともいう。面積約2030km2。中央部から南部にかけては信濃川阿賀野川のはんらん原または三角州,北部は加治川胎内川,荒川などの扇状地からなり,海岸線に沿って10列内外の砂丘,砂堆が発達。
→関連項目亀田[町]加茂[市]越路[町]紫雲寺[町]新発田[市]水原[町]田上[町]燕[市]豊浦[町]長岡[市]中条[町]中之島[町]新潟[県]新津[市]西川[町]巻[町]三島[町]見附[市]村上[市]安田[町]吉田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えちごへいや【越後平野】

新潟平野ともよばれる。新潟県の中央から北にかけて広がり南北約100km,東西約10~25km,面積約2070km2の紡錘形状の大沖積平野。西と南は東頸城(くびき)丘陵の延長である西山,道山,八石などの丘陵性山陵が雁行し,南東と東は越後山脈の西を縁どる魚沼丘陵とその延長が前山として平野を限る。南の長岡付近で標高20mときわめて低平である。信濃川阿賀野川は上流で盆地を貫流するため洪水時に荷重の大部分をそこに落とし,平野への出口では扇状地の発達が貧弱である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えちごへいや【越後平野】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕越後平野(えちごへいや)


新潟県中部、信濃(しなの)川・阿賀野(あがの)川の下流域を占める沖積(ちゅうせき)平野。南北約100km、東西約10~25kmは関東(かんとう)平野に次ぐ日本第2の広さで、日本最大の稲作地帯でもある。新潟平野・蒲原(かんばら)平野とも。第三紀丘陵列の間の低地が各河川の沖積作用で埋められ、広大な平野を形成。海岸沿いに砂丘列が発達、内側に後背湿地が続き、潟湖(せきこ)が点在する。江戸時代から沼沢地の干拓・治水事業が盛んとなる。大正期には信濃川の大河津(おおこうづ)分水路が造成され、土地改良事業も行われて、近代農業に対応できる穀倉地帯の基盤がつくられた。越後米のほか、砂丘や微高地での果樹・野菜栽培が盛ん。チューリップの球根や盆栽も特産する。天然ガス田・油田が点在する。信濃川・阿賀野川の河口部では工業化が進む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越後平野
えちごへいや

新潟平野」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越後平野
えちごへいや

新潟県の中央部を占めるわが国第二の沖積平野。新潟(にいがた)平野あるいは蒲原(かんばら)平野ともよばれる。北は朝日・葡萄(ぶどう)山地や五頭(ごず)山脈、南半は弥彦(やひこ)・西山・道山(みちやま)・東山山地の第三紀丘陵列に抱かれた紡錘状の平野で、南北100キロメートル、東西10~25キロメートル、面積2070平方キロメートルに及ぶ。南半は地向斜谷をなす長岡窪地(くぼち)帯を信濃(しなの)川とその支流によって埋積され、三条辺りまでを中越(ちゅうえつ)平野とよぶ。阿賀野(あがの)川以北の北半は新発田(しばた)窪地帯を、県境から流れ出す加治川、胎内(たいない)川、荒川、三面(みおもて)川で埋め立てられ、前面は新旧数列の砂丘でふさがれている。砂丘裏には多くの潟湖(せきこ)群が連なり、1645年(正保2)の越後国絵図に、鎧潟(よろいがた)、佐潟(さかた)、大潟、田潟、白蓮(びゃくれん)潟、鳥屋野(とやの)潟、島見(しまみ)十三潟、福島潟、紫雲寺(しうんじ)潟、岩船(ゆわふね)潟など大小20余の沼沢地が描かれている。
 近世越後諸藩は、この低湿なラグーンを分水によって干拓する治水事業に全力を注ぎ、全国一の越後米産地の基盤を築いた。その水との闘いに終止符を打ったのが阿賀野川の松崎浜堀割と、新信濃川分水であった。第二次世界大戦前後からは各河川で大排水機場が完備され、動力排水による地下水面の低下が計られ、さらに土地改良事業や国営潟湖干拓事業が進められて、かつての湿田地帯も二毛作の可能な干田に変わり、現在は本県米産額の65%を占めている。第二次世界大戦後は、古くからこの低湿地帯で家庭用に利用されていた浅い水溶性天然ガスの工業化が急激に進捗(しんちょく)し、多量の地下水のくみ上げで地盤沈下現象をおこし、大問題となり、1960年ころから全面中止された。新潟市を中心とする県下20市の大半はこの平野に集中し、機械、金属、化学、繊維などの工業地帯を形成している。また、砂丘や自然堤防上では果樹園芸農が盛んで、チューリップ、ヒヤシンスなどの球根栽培や盆栽類の全国的産地になっている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の越後平野の言及

【新潟[県]】より

…その前面には一段低い新津(にいつ)丘陵,魚沼丘陵,東頸城(ひがしくびき)丘陵などの第三紀丘陵が県境山地を雁行状に縁取り,十日町盆地,六日町盆地などを含んでいる。最低部は扇状地と三角州の広い越後平野,柏崎平野,高田平野が並び,盆地がそれに連なるため県内では南北の交流は容易である。前面の日本海には佐渡島,粟島が浮かんでいる。…

※「越後平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

越後平野の関連キーワード新潟県阿賀野市榎新潟県阿賀野市沖新潟県阿賀野市久保新潟県阿賀野市小島新潟県阿賀野市里新潟県阿賀野市城新潟県阿賀野市堤新潟県阿賀野市畑江新潟県阿賀野市原新潟県阿賀野市保田

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越後平野の関連情報