新生児出血(読み)しんせいじしゅっけつ(英語表記)hemorrhage of the newborn

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新生児出血
しんせいじしゅっけつ
hemorrhage of the newborn

もっとも知られているのは新生児メレナmelena neonatorum(新生児消化管出血あるいは新生児下血)とよばれるビタミンK欠乏による新生児出血性疾患である。ビタミンKは血液凝固因子(プロトロンビン第、第、第因子)に関与し、通常、人間においては腸管内の細菌がそれをつくっている。新生児は母体からのビタミンKが不十分であるばかりでなく、腸管が無菌的であり、細菌が常在するまでの間はビタミンKの産生は不十分となる。したがって、生後4、5日の間におもに消化管出血を主とした症状がみられる。出生時にビタミンKを投与することによって容易に予防できる。メレナのなかに、出生時のストレスが原因と考えられる急性胃粘膜障害による一時的な吐血が少なからず混在していることが知られている。
 このほか、血友病、母親の血小板減少症などに伴って児にも一時的におこる血小板減少症、母親が服用した血液凝固阻止剤(「ワーファリン」など)や催眠鎮静剤(「フェノバルビタール」など)の薬物などによる新生児の出血性疾患も知られている。[仁志田博司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新生児出血の関連情報