コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田佳浩 にった よしひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田佳浩 にった-よしひろ

1980- 平成時代の障害者ノルディックスキー選手。
昭和55年6月8日生まれ。3歳のときに事故で左前腕を負傷して切断。小学3年でクロスカントリーをはじめる。種目はクロスカントリー,バイアスロン。冬季パラリンピック(障害クラスLW8:立位)では4大会に出場し,平成14年ソルトレーク大会のクロスカントリー5kmで銅メダル,18年トリノ大会では日本選手団の旗手をつとめ,22年バンクーバー大会では日本選手団主将をつとめ,クロスカントリー10kmクラシカルとクロスカントリースプリント1kmクラシカルの2種目で金メダルを獲得。26年ソチ大会ではクロスカントリー20kmクラシカル4位,スプリント1km12位,フリー10km17位,混合リレーは7位。その間,平成15年世界選手権クロスカントリー10kmで金メダル,20-21年シーズンのワールドカップ総合クロスカントリーで総合2位など活躍。日立ソリューションズ所属。岡山県出身。筑波大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新田佳浩の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新田佳浩の関連情報