新知識(読み)しんちしき

精選版 日本国語大辞典「新知識」の解説

しん‐ちしき【新知識】

〘名〙 従来より進歩した新しい知識。また、その持主。新知。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士「苟くも文明の先進を以て任ずるものは、独り新知識を振廻すだけでは足ない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android