コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無限抱擁 むげんほうよう

世界大百科事典 第2版の解説

むげんほうよう【無限抱擁】

滝井孝作長編小説。1921‐24年《改造》その他各誌に載せた四つの短編を合わせ,27年改造社刊。主人公竹内信一は吉原に遊び,娼妓松子を知って心ひかれる。彼は子どものような気持ちをもち,松子に純粋な愛をささげ,ついに結婚にまで踏み切る。が,松子はそれまでの無理な生活のため,結婚後は健康がすぐれず,やがて喀血し不帰の客となってしまう。相手が娼妓とはいえ,真剣な恋愛が緊張感をもった文体で綴られ,倫理的な青春の物語となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

むげんほうよう〔ムゲンハウヨウ〕【無限抱擁】

滝井孝作私小説。「新小説」「改造」などに掲載された四つの短編作品を、一つの長編作品としてまとめたもの。昭和2年(1927)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無限抱擁
むげんほうよう

滝井孝作(こうさく)の長編小説。『新小説』掲載の『竹内信一』(1921.8)、『改造』掲載の『無限抱擁』(1923.6)、『新潮』掲載の『沼辺(ぬまべ)通信』(1923.8)、『改造』掲載の『信一の恋』(1924.9)のそれぞれ独立した四短編を合わして長編に仕立て『無限抱擁』の題名で1927年(昭和2)9月改造社より刊行。主人公信一は滝井孝作自身で、正真正銘の自伝的私小説。吉原で見そめた松子との愛情、その松子と彼女の母との3人暮らし、松子の結核による死の経緯が、勁(つよ)いストイックな文体で、詩情を含みつつ剛直に述べられている恋愛小説の傑作。俳句によって鍛えた写生の力と、省略による飛躍の力のみなぎる息苦しい文体だが、その真率な心情は読者に深いおもりを下ろす。滝井孝作の初期の代表作であるとともに近代の恋愛小説のなかの白眉(はくび)[紅野敏郎]
『『無限抱擁』(1984・中央公論社) ▽『筑摩現代文学大系30』(1978・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

無限抱擁の関連キーワード滝井 孝作気草臥れ紅野敏郎通ずる案山子学校出新知識互替り同心紛紜二道習業咳く展墓熱れ移徙湑む困難間日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android