コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅江荘 しらぎえのしょう

1件 の用語解説(新羅江荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しらぎえのしょう【新羅江荘】

摂津国にあった東大寺領荘園。東大寺は752年(天平勝宝4)に摂津国東生(ひがしなり)・西成の両郡にあった安宿王あすかべのおう)の地3町6段249歩を買い取ったが,783年(延暦2)その一部とみられる西成郡の堀江の北にあった9段の地を,南にあった勅旨荘(ちよくしのしよう)1町5段と交換し,江北の地には駅家を,江南の地には寺家の荘を置くこととなった。これが新羅江荘の前身である。交換した地は東生郡に属していたが,堀江の流路変更により後には住吉郡の所属となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新羅江荘の関連キーワード四大寺南都七大寺七大寺十大寺東大寺造営両国生江東人凡判麻呂承天道守床足品治部広耳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone