コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅江荘 しらぎえのしょう

1件 の用語解説(新羅江荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しらぎえのしょう【新羅江荘】

摂津国にあった東大寺領荘園。東大寺は752年(天平勝宝4)に摂津国東生(ひがしなり)・西成の両郡にあった安宿王あすかべのおう)の地3町6段249歩を買い取ったが,783年(延暦2)その一部とみられる西成郡の堀江の北にあった9段の地を,南にあった勅旨荘(ちよくしのしよう)1町5段と交換し,江北の地には駅家を,江南の地には寺家の荘を置くこととなった。これが新羅江荘の前身である。交換した地は東生郡に属していたが,堀江の流路変更により後には住吉郡の所属となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone