コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅江荘 しらぎえのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

しらぎえのしょう【新羅江荘】

摂津国にあった東大寺領荘園。東大寺は752年(天平勝宝4)に摂津国東生(ひがしなり)・西成の両郡にあった安宿王(あすかべのおう)の地3町6段249歩を買い取ったが,783年(延暦2)その一部とみられる西成郡の堀江の北にあった9段の地を,南にあった勅旨荘(ちよくしのしよう)1町5段と交換し,江北の地には駅家を,江南の地には寺家の荘を置くこととなった。これが新羅江荘の前身である。交換した地は東生郡に属していたが,堀江の流路変更により後には住吉郡の所属となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

新羅江荘の関連キーワード安曇江

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android