コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新聞単一 しんぶんたんいつ

世界大百科事典 第2版の解説

しんぶんたんいつ【新聞単一】

1946年2月9日に結成された日本新聞通信労働組合(同月末に日本新聞通信放送労働組合と改称)の略称。個人加盟で,一般紙,専門紙,機関紙,通信社,放送局の労働者すべてを含み,全日本海員組合に次ぐ日本で2番目の産業別単一労組。結成時33支部2万2335人だったが,47年の二・一スト後,幹部の引回し批判,産別脱退の是非が問題となり,読売,毎日,朝日など支部の脱退が相次ぎ分裂状態に陥った。戦線再統一をめざし新聞単一は48年7月産別を脱退,全日本新聞労働組合(全新聞,71組合,1万9000人)に改組された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新聞単一の関連キーワード日本新聞労働組合連合日本放送労働組合

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android