コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新聞単一 しんぶんたんいつ

1件 の用語解説(新聞単一の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんぶんたんいつ【新聞単一】

1946年2月9日に結成された日本新聞通信労働組合(同月末に日本新聞通信放送労働組合と改称)の略称。個人加盟で,一般紙,専門紙,機関紙,通信社,放送局の労働者すべてを含み,全日本海員組合に次ぐ日本で2番目の産業別単一労組。結成時33支部2万2335人だったが,47年の二・一スト後,幹部の引回し批判,産別脱退の是非が問題となり,読売,毎日,朝日など支部の脱退が相次ぎ分裂状態に陥った。戦線再統一をめざし新聞単一は48年7月産別を脱退,全日本新聞労働組合(全新聞,71組合,1万9000人)に改組された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新聞単一の関連キーワード西日本新聞在日本朝鮮人総連合会新進党NSK日本新八景NIE(エヌアイイー)堀卯太郎西日本新聞社北日本新聞社日本新聞インキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新聞単一の関連情報