コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新興コンツェルン しんこうコンツェルン

百科事典マイペディアの解説

新興コンツェルン【しんこうコンツェルン】

明治以来の旧財閥に対し,満州事変前後から重化学工業中心に形成された諸財閥。日産コンツェルン日窒コンツェルン森コンツェルン日曹コンツェルン理研コンツェルンなどがあり,強い軍需工業的性格,傘下(さんか)企業の技術的関連性などを特色としたが,金融力不足が弱点であった。第2次大戦後ほとんどが崩壊,傘下主要企業は独立した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の新興コンツェルンの言及

【新興財閥】より

…日本経済史上初めての大々的な重化学工業化が展開した1930年代に,主として新興の重化学工業を事業基盤にして簇生(そうせい)した企業集団。日産コンツェルン日窒コンツェルン森コンツェルン日曹コンツェルン理研コンツェルンに与えられた名称で,新興コンツェルンとも称される(〈企業グループ〉の項参照)。三井,三菱,住友をはじめとする既成の財閥が株式,社債等による外部資金の調達に消極的であったのに対して,外部資金の調達に積極的であった点が新興財閥に認められる特徴である。…

※「新興コンツェルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android