方枘円鑿(読み)ほうぜいえんさく

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうぜい‐えんさく ハウゼイヱンサク【方枘円鑿】

〘名〙 (「楚辞‐九弁」の「圜鑿而方枘兮、吾固知其鉏鋙而難一レ入」や、「史記‐孟軻伝」の「持方枘円鑿、其能入乎」による) まるい穴に四角な栓を入れる意で、物事がうまくかみ合わないことのたとえ。円鑿方枘。
※幕府衰亡論(1892)〈福地桜痴〉二四「幕議の帰する所は方枘円鑿の勢を成したりき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android