コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方法論的個人主義 ほうほうろんてきこじんしゅぎmethodological individualism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方法論的個人主義
ほうほうろんてきこじんしゅぎ
methodological individualism

社会の分析の単位を主として「個人」に求めるアプローチで,個人の心理・行為,個人間の相互行為などから社会が成立していると考える。 M.ウェーバーの理解社会学の方法がその代表的なものである。これに対して,社会を,多かれ少なかれ実在的なものとみなし,個人の心理や行為に究極的には還元できないと考え,その分析の単位を「集合」 (社会) に求めるアプローチを方法論的集合主義 methodological collectivismと呼ぶ。 E.デュルケムが「社会的事実」や「集合表象」を扱う方法がその代表的なものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の方法論的個人主義の言及

【メンガー】より

…これは新歴史学派(〈歴史学派〉の項参照)に対するメンガーの批判がその執筆の重要な契機となっている。同書の中で,後に〈方法論的個人主義〉と呼ばれる手続で,部分から社会全体の構造を再構築する方法を展開している。メンガーは,歴史学と理論の性質や役割を区別することが,方法論上の混同を避けるためにも重要だと考えていたのである。…

※「方法論的個人主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

方法論的個人主義の関連キーワードマス・コミュニケーション経済学方法論社会学主義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android