コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集合表象 しゅうごうひょうしょう représentation collective

5件 の用語解説(集合表象の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集合表象
しゅうごうひょうしょう
représentation collective

É.デュルケムの用語。彼は,社会的事実というものがあくまで個人心理に還元されないある実体であると考えた。それは,個人に外在し,個人を拘束する一種の心意であり,具体的には,行為,思考,感覚の一定の様式であるとし,これを集合表象と呼んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうごう‐ひょうしょう〔シフガフヘウシヤウ〕【集合表象】

フランスの社会学者デュルケームの概念の一。集団生活がつくりあげる表象。個々人の意識において形成される個人表象と質的に異なり、個人に対して拘束力をもつ。宗教・道徳・思想・知識など。表象。社会表象。集団表象

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

集合表象【しゅうごうひょうしょう】

デュルケームに用いられた概念。一つの社会集団において,客観的な事実として確認され,かつそれが個人に内面化されている象徴,認識の働き。神話や民話,ある種の思想あるいは偏見などがそれで,社会集団の成員個々人の心意やその総和には還元できない,個人にとっては外在的な実在としてとらえられる〈社会的事実〉の一つであるとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しゅうごうひょうしょう【集合表象】

フランスの社会学者デュルケームの用語で、個々人に対して外在的で拘束的な社会的表象。具体的には神話・信仰・イデオロギーなどをさす。集団表象。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集合表象
しゅうごうひょうしょう
reprsentation collectiveフランス語

フランスの社会学者デュルケームによって用いられた概念。集団生活を基体として成立する一種独特の表象で、個々人の意識の作用に還元しえないものをいう。集合意識とほとんど同義に使われることが多いが、その表象としての機能面をさしているといえよう。デュルケームによれば、個人の意識において形成される表象、個人表象は、集団を基体として成立する集合表象とは区別される。後者は一種独特の総合の所産であり、集団が自らや自らにかかわりをもつ諸対象についてつくりあげる表象である。たとえば、社会がある守護動物をその祖先と考えていたり、またある神を想像し、その守護を受けていると信じているとき、これらは個々人の意識に還元できない独自の集合表象をなしている。このように個人のそれとは異なる独自の構成をもった意識現象を想定することは、心理学的ないし個人主義アプローチとは異なる社会学的アプローチを要請することになる。デュルケームは、宗教、道徳、その他広く社会的な行為様式や思惟(しい)様式をこのようなものとしてとらえ、社会学的に考察し、成果をあげた。[宮島 喬]
『E・デュルケーム著、山田吉彦訳『社会学と哲学』(1952・創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集合表象の関連キーワードメタルケーブルアノミー社会形態学田辺寿利単純社会道徳社会学バーガー社会型デュルケーム認識社会学

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集合表象の関連情報