コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方言区画 ホウゲンクカク

デジタル大辞泉の解説

ほうげん‐くかく〔ハウゲンククワク〕【方言区画】

方言の差異により地域を区分したもの。日本では、本土方言琉球方言に二大別し、前者を本州方言と九州方言とに分け、さらにそれぞれを細別する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうげんくかく【方言区画】

音・語彙などの観点から類似性が高い方言ごとに設定した地理上の区分。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の方言区画の言及

【方言】より

…これらの世代差は,歴史上つねに続いてきて将来も続くはずの,方言の変化,日本語の長期的変化の中間段階である。
【日本語の方言区画】
 各地の方言を,相互の地域差という観点から総合的に性格づけて,地図上で区分するのが〈方言区画〉である。しかし,これはそう単純なものではなく,どんな言語現象を重視するかで,いろいろな分け方が考えられる。…

※「方言区画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

方言区画の関連情報