於染久松色読販(読み)おそめひさまつうきなのよみうり

日本大百科全書(ニッポニカ)「於染久松色読販」の解説

於染久松色読販
おそめひさまつうきなのよみうり

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。3幕。4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作。1813年(文化10)3月江戸・森田座で、5世岩井半四郎、5世松本幸四郎らが初演。お染久松の情話に、土手のお六と鬼門の喜兵衛を絡ませた作だが、お染、久松、許婚(いいなずけ)お光、お六、賤(しず)の女(め)お作、奥女中竹川、お染母貞昌(ていしょう)の7役を主役の女方が早替りで勤めるのが演出の原則なので、通称を「お染の七役(ななやく)」という。芝居の眼目で、俳優の芸の見せ場でもあるのは序幕第三場「小梅莨屋(こうめたばこや)」と二幕目第一場「油屋店先」。久松の姉竹川から金策を頼まれたお六が、亭主喜兵衛と共謀して油屋へゆすりに行くが、失敗するという筋で、巧みな風俗描写のなかに作者独特の凄味(すごみ)と喜劇味を織り混ぜている。明治以後絶えていたが、昭和初期に前進座の河原崎(かわらさき)国太郎が渥美(あつみ)清太郎の改訂脚本で復活した。第二次世界大戦後は6世中村歌右衛門(うたえもん)、4世中村雀右衛門(じゃくえもん)、5世坂東(ばんどう)玉三郎らが演じている。

[松井俊諭]

『『鶴屋南北全集5』(1971・三一書房)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android