渥美(読み)あつみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「渥美」の解説

渥美
あつみ

愛知県南部、美郡にあった旧町名(渥美町(ちょう))。現在は田原市(たはらし)の西部を占める一地区。渥美半島の岬端(こうたん)部、伊良湖(いらご)水道に臨み、伊良湖岬がある。1955年(昭和30)福江(ふくえ)町と泉、伊良湖岬の2村が合併し渥美町と改称。2005年(平成17)田原市に編入。国道42号、259号が走る。伊良湖港からは、知多半島の師崎(もろざき)や三重県鳥羽(とば)などへフェリーが通じる。以前は近隣の町とともに農業用水に困っていたが、豊川用水(とよがわようすい)によって先進農業地に変わった。電照ギクの温室群は全国一の規模をもつ。また、ノリやアサリなど浅海の増養殖漁業が盛ん。豊橋市東縁の八名(やな)、弓張(ゆみはり)山地の延長線上に秩父中・古生層の堅岩が突起した大山(328メートル)がある。三河湾国定公園や渥美半島県立自然公園の観光拠点で、恋路(こいじ)ヶ浜、日出の石門(ひいのせきもん)があるほか、豊川用水末端の初立(はったち)ダム付近に東大寺瓦(かわら)を焼いた窯(かま)跡、福江の潮音寺には俳人杜国(とこく)の墓碑がある。福江は田原とともに港町でもあった。渥美半島先端部には中部電力の渥美火力発電所が稼動している。

[伊藤郷平 2017年1月19日]

『『渥美町史資料1~3』(1965~1966・渥美町)』『『渥美町史』全6冊(1983~1991・渥美町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「渥美」の解説

渥美
あつみ

愛知県南部,田原市西部の旧町域。渥美半島の西端に位置する。 1955年福江町を中心に伊良湖岬村,泉村を合体して渥美町が成立。 2005年田原市に編入。中心集落の福江近世から明治まで,伊勢,尾張方面の船の出入りが多く,港町として栄えた。温暖な気候を利用した花卉露地栽培や電照菊 (→電照栽培 ) ,メロン,トマトなどの温室園芸が行なわれる。国指定天然記念物の宮山原始林,椛 (なぐさ) のシデコブシ自生地および県指定天然記念物のハマボウ (浜朴)自生地などがある。海岸には日出の石門,恋路ヶ浜,伊良湖岬灯台などがあり,観光客が多い。三河湾国定公園渥美半島県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「渥美」の解説

あつみ【渥美】

愛知県の南東部にある郡。かつては豊橋市の大半と田原市も含み、渥美半島一帯を占めた。

あつみ【渥美】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android