コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松 ひさまつ

大辞林 第三版の解説

ひさまつ【久松】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の久松の言及

【お染久松色読販】より

…1813年(文化10)3月江戸森田座初演。油屋お染(町家の娘)・丁稚久松(若衆)・久松の姉竹川(奥女中)・お染義母貞昌尼(町家の後家)・土手のお六(悪婆(あくば))・お光(田舎娘)・賤の女お作(百姓女房)を5世岩井半四郎,松本屋左四郎・鬼門喜兵衛を5世松本幸四郎,百姓久作・猿回しを7世市川団十郎。亡父が紛失したお家の重宝吉光の刀を詮議している浅草瓦町の質店油屋の丁稚久松と油屋の娘お染との恋をめぐって生じてくるさまざまな出来事を,江戸市井の風俗描写にからめつつ喜劇味豊かに展開させた作品。…

【新版歌祭文】より

…2巻。角書〈おそめ久松〉。近松半二作。…

※「久松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久松の関連キーワード海峡、血に染めて鳥取県立博物館ラブ・アローン綺麗になりたい染模様妹背門松お染久松色読販袖褄を引くお染・久松お染/久松新版歌祭文小沢 咲肩を抜く久松重和承知の幕賃粉切り警察日記伊予万歳お染久松野崎観音松平勝行

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久松の関連情報