コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施薬院宗伯 せやくいん そうはく

2件 の用語解説(施薬院宗伯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

施薬院宗伯 せやくいん-そうはく

1576-1663 織豊-江戸時代前期の医師。
天正(てんしょう)4年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。施薬院全宗(ぜんそう)の子秀隆(ひでたか)が早世したため,のぞまれて養嗣子となる。豊臣秀吉,徳川家康・秀忠につかえた。子孫は施薬院使(長官)を世襲。寛文3年7月25日死去。88歳。本姓は三雲。姓は「やくいん」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

施薬院宗伯

没年:寛文3.7.25(1663.8.27)
生年:天正4(1576)
安土桃山時代,江戸前期の医者。本姓は三雲,号は長生院。近江国(滋賀県)に生まれ,幼くして父を失う。豊臣秀吉の重用する一鴎宗虎に養育されて医を学び,施薬院全宗の嗣子秀隆が父に先立って没したため全宗の養嗣子となった。秀吉の侍医となり法眼に叙せられ,全宗の没後に法印に進み施薬院使に任ぜられた。のち徳川家康の侍医となり,家康が入洛のときに宗伯宅で参内の装束を改めたことから,これが代々の将軍の慣例となった。子孫は本姓の三雲を名乗り,家督を継いだのち施薬院と称し,代々禁裏付医師として京都に定住した。<参考文献>京都府医師会編『京都の医学史』

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

施薬院宗伯の関連キーワード秦宗巳今城為親清韓文英山岡如軒酒井貞月弘尊安土桃山時代織豊時代後窯文禄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone