コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三雲 みくも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三雲
みくも

三重県中部,松阪市北東部の旧町域。雲出川河口の南岸にある。 1955年米ノ庄村,天白村,鵲村,小野江村の4村が合体,三雲村となり,1986年町制。 2005年松阪市,嬉野町,飯南町,飯高町と合体して松阪市となった。地名は三渡川,雲出川から1字ずつとって命名。伊勢湾に臨み,伊勢平野の沖積地に位置し,耕地の8割以上が水田で,一志米を産する。ほかに野菜,イチゴ,キク,タバコなどを栽培。農業振興地域に指定。海浜は遠浅で冬はノリ漁場,春は潮干狩り場,夏は海水浴場となる。南東部の小津に県中央卸売市場がある。永善寺の阿弥陀如来座像は国の重要文化財。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三雲
みくも

三重県中部、一志(いちし)郡にあった旧町名(三雲町(ちょう))。現在は松阪市の北東部を占める地域。伊勢(いせ)湾に面し、三渡(みわたり)川と雲出(くもず)川に挟まれた沖積地にある農漁村。旧三雲町は、1955年(昭和30)米ノ庄(よねのしょう)、天白(てんぱく)、鵲(かささぎ)、小野江の4村が合併して三雲村となり、1986年町制施行。2005年(平成17)嬉野(うれしの)、飯南(いいなん)、飯高(いいたか)の3町とともに松阪市に合併。JR紀勢本線と国道23号、42号が通じる。海岸はノリの漁場で、シーズンには潮干狩、楯(たて)干しなどでにぎわう。良質の一志米の産地で、耕地の約80%が水田であるが、イチゴ、キュウリ、トマトなどのハウス栽培も盛ん。津市と接しており、交通の便もよいところから、国道沿いに県中央卸売市場が開設されている。永善寺の木造阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)は国指定重要文化財。北海道開拓に力をつくした松浦武四郎の出身地で、1994年には記念館が開館した。[伊藤達雄]
『『三雲町史』全3巻(1999~2003・三雲町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三雲の関連キーワード福岡県糸島市井原松浦武四郎記念館福岡県糸島市三雲如何なる星の下に松阪牛,松阪肉三雲・井原遺跡甲西(滋賀県)嬉野(三重県)三重県松阪市ワイスコップ池端 勘七松浦武四郎3月29日松阪(市)湖南(市)望月 長夫飯南[町]三雲英之助施薬院宗伯授翁宗弼

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三雲の関連情報