コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施設土壌 しせつどじょう

1件 の用語解説(施設土壌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しせつどじょう【施設土壌】

ビニルハウスやガラス温室など施設内で作物を栽培するとき用いる土壌をいう。近年,日本では野菜の促成・抑制栽培のめざましい普及により,施設栽培の面積は急増している。施設栽培では年間の灌水量が年間降水量の20~25%にしかあたらないといわれ,そのため肥料成分の土壌からの流亡はほとんど起こらず,多肥栽培が続くと土壌中に肥料成分が集積し,作物が葉縁から枯れはじめる塩類濃度障害がでる。また,施設内は外気と自由なガス交換が行われないため,酸性土壌では亜硝酸の揮散,土壌反応の高い土壌ではアンモニアガスの揮散により,ガス障害が作物にでることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

施設土壌の関連キーワードテラスハウスビニル樹脂露地栽培ハウス栽培ビニールハウスビニルドールハウスガラスハウスガラス温度ビニる

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone