コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施設土壌 しせつどじょう

世界大百科事典 第2版の解説

しせつどじょう【施設土壌】

ビニルハウスやガラス温室など施設内で作物を栽培するとき用いる土壌をいう。近年,日本では野菜の促成抑制栽培のめざましい普及により,施設栽培の面積は急増している。施設栽培では年間の灌水量が年間降水量の20~25%にしかあたらないといわれ,そのため肥料成分の土壌からの流亡はほとんど起こらず,多肥栽培が続くと土壌中に肥料成分が集積し,作物が葉縁から枯れはじめる塩類濃度障害がでる。また,施設内は外気と自由なガス交換が行われないため,酸性土壌では亜硝酸の揮,土壌反応の高い土壌ではアンモニアガスの揮散により,ガス障害が作物にでることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

施設土壌の関連キーワードビニルハウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

施設土壌の関連情報