コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壌消毒 どじょうしょうどく

3件 の用語解説(土壌消毒の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

どじょうしょうどく【土壌消毒】

植物に病害を起こす土壌中の細菌・カビ類・害虫を駆除すること。殺菌・殺虫剤の注入、焼土、熱蒸気消毒法、太陽熱殺菌などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土壌消毒【どじょうしょうどく】

植物に有害な土壌中の病原微生物を撲滅するために行われる消毒。焼土,蒸気消毒,電熱消毒,火炎放射消毒など熱による方法と,クロルピクリン薫蒸剤などの薬剤による方法とがある。
→関連項目土壌伝染病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どじょうしょうどく【土壌消毒 soil disinfection】

土壌中に残って植物に病害を起こす微生物を撲滅する目的で行われる物理的,化学的消毒のこと。対象となる病害は,センチュウによる根こぶ病,細菌による青枯病,軟腐病,菌類によって起こる立枯病,根腐病,萎(いちよう)病,白絹病などである。土壌消毒に用いられる薬剤には,クロルピクリン臭化メチル,D‐D剤などがある。クロルピクリンは土が湿っているときに効きめがよく,乾燥しすぎてもまた逆に湿りすぎてもよくない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土壌消毒の関連キーワード御竈を起こす面を起こす事を起こす生物的防除寝た子を起こす微生物学身を起こす虫を起こす目を起こす微生物殺虫剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土壌消毒の関連情報