コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礫耕 れきこう gravel culture

1件 の用語解説(礫耕の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

れきこう【礫耕 gravel culture】

土壌の代りに礫に根を張らせ,生育に必要な無機養分を水に溶かした形で与えて植物を栽培する方法で,水耕の一方式である。農耕不能な場所や連作によって土壌伝染性の病害がまんえんしてしまったハウスなどでは,礫耕を導入して野菜の栽培を行うことがある。礫耕の施設はコンクリート製で内側にアスファルトを塗るか,木枠にプラスチックシートを張って水もれしないようにしたベッドと,無機養分を含む水溶液(培養液)をたくわえるタンクからできている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

礫耕の関連キーワード栄養塩類吸水クノープ液根を張る十元素其の代りムギネ酸好塩性の土壌の構造地力増進基本方針

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone