コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅の空 タビノソラ

デジタル大辞泉の解説

たび‐の‐そら【旅の空】

旅行していて眺める空。
旅行先の土地にいること。家郷を離れている境遇。「旅の空にあって故郷を思う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たびのそら【旅の空】

旅先でながめる空。
旅をしている土地。旅先。たよりなく心細いさまにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旅の空の関連キーワード愁ふ・憂ふ・愁う・憂う埴生の小屋心を遣る三つ瀬川夜半の煙佐川満男飄飄踉踉空気感たより中尾彬ままに季語家郷時調憂ふ呉天具足埴生旅先

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅の空の関連情報