日下部太郎(読み)くさかべ たろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部太郎 くさかべ-たろう

1845-1870 幕末の武士。
弘化(こうか)2年6月6日生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。慶応3年藩第1号の海外留学生としてアメリカのラトガーズ大にはいる。W.E.グリフィスにまなび,理科コースを専攻。卒業目前の明治3年4月13日病死。26歳。大学から首席卒業生にあたえられる黄金の鍵が追贈される。昭和55年福井に「日下部・グリフィス学術・文化交流基金」が設立された。前名は八木八十八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android